2014年1月29日水曜日

愚痴を言うと体調が悪くなる~愚痴を言う人≒愛されたい人

体調が悪い人たちと一緒に過ごしてみる。

愚痴の言い合いが始まる。

「そういえば、僕も愚痴言ってた頃は具合悪かったよなぁ」

そんなことを思い出す。


※愚痴=言ってもしかたのないことを言って嘆くこと


愚痴を言葉にする。

その言葉をいちばんよく聞いているのは自分自身。

脳が甚大なダメージを受けてしまう。

愚痴を聞いてもらえて楽になったように勘違いしてしまうけれど。


自分自身にも、聞いてくれた相手にも、良い反応は起きない。


愚痴を言う人は、ひとりで延々としゃべる。

眉間にシワをいれ、背中を丸め、妙なテンションで・・・・・・

そりゃ、体調も悪くなるってもんだ。

ほんとに良いことなんて、ただのひとつもありはしない。


脳にダメージがあるので、認知症につながるかもね。


誰かが、「愚痴を言う人とは、愛されたい人」って言っていた。

なるほどたしかに、愛したい人が愚痴を言うはずがない。

愛されていないと感じる不平不満こそ、愚痴の正体なわけで。

骨の髄まで愛されて満たされている人が、愚痴を言うはずがないもの。


愛したくなるような時空を生きよう。



『咲笑』


もうすぐ春がやってくる。

冬眠っていたものが咲く。

「咲」は「わらう」とも読む。

「咲」は、「笑」の古字を書き誤った漢字。


木花咲耶姫が美しい理由。


アイシュワラ・ライさんの咲笑