2013年12月26日木曜日

放浪したい

ひさしぶりに、この本を読んでいる。



ひとり旅に出たくなった。

もっとも、『放浪オッサン』なんて絵にはならないわけだが。


ひとり旅は、人を成長させるらしい。

実際、そうだと思う。

『この展開は想定外だぜ?』的な出来事が次々起きる。

現在の僕の適応能力は、ひとり旅で育まれたものだ。


一人旅って自分を成長させると思いますか?より

一人旅って自分を成長させると思いますか? 
またどのような面で成長出来るのですか?


大変良いことに気づかれましたねぇ!

そうです。自分も学生時代に、アルバイトをして基本
学費の足しにするためでしたが、暇があれば、ふらっと
一人旅に出て、JRの駅の観光課でその日の宿などを
探して泊まっていました。

最初、危険かなあ?とも思いましたが、ヒッチハイクに
比べれば駅の人たちが親切なので、全然危なくなかった
ですよ!

良い点は、
1.自分でなんでも決められる決断力がつく。
2.交通機関の乗り継ぎや地図や方角に関して強くなる。
3.とっさのときの判断力に強くなる。
4.人とのコミュニケーション能力が身に付く
5.その土地〃の人情にふれることができる。
などなど。。

まだまだたくさんあるとは思いますが、確かに事前のある程度の
計画や準備は必要かとは思います。(地図とか資金とか)

まあ、自分は、ある程度のお金と暇ができると、ちょっとの計画と
地図など持ってフラッと近くや遠方にも行ってましたねえ。。

昔の歌にもあるでしょう。
「ど~こか 遠くに 行ってみた~い♪知らないだれかに会って
みた~い♪」??

ま、未知との出会いによって、見知らぬ世界や見知らぬ自分を
発見できると思いますよ。。ただ、危険なものには注意してね!?


私は昨年、2回一人旅をしました

これは青春18きっぷというJRの企画乗車券(特急、寝台車は乗車不可)を使っての旅でした。
東京から博多まで20回も電車を乗り換えるという旅程です。
もちろん、18きっぷでは電車の遅延があっても払い戻しもなければ振替乗車も利用できないので、電車のダイヤ変更を考慮して宿は行き当たりばったりで探し…見つからないときは野宿です
(昨年は高松で野宿を強いられた)

1日にして、東京から広島の三原まで行った時は本当に感動しましたね
三原駅の外に貼ってあったこだま号の広告を見て…今朝出てきた東京って遠いんだなと感じました

あと、特筆すべきことは
地元の人との会話でコミュニュケーションができるということですね
ローカル線などは電車の待ち時間も長いので、初対面の地元の人(ほとんどが年配の方)と郷土自慢をしあったり色々なことを経験させてもらいました

企画も旅行屋任せではなく、分厚い時刻表を開いて自己責任で練ります
もちろん、旅行中に経路を迷わないように分刻みでの計画を練って…
そこでも自分でちょっとは成長したと感じることがありますね

この一人旅を通じて
突然のトラブルでも臨機応変に対応をすること、自分ひとりで一貫して事を遂行させ人任せにしないことを学びました

ガイド付きのツアーで足さえ丈夫ならどこにでも行けるというものに比べれば、疲れるけど(鈍行電車に始発から終点まで1日20時間www)格段と安く行けるのが最大のメリットではありますが…人間として成長すると感じるかどうかは人次第ですね

引用ココマデ


大晦日~元旦は、安部塾塾生と大隅半島を放浪する予定。

どんな成長ができるだろう (*´ω`*)