2013年11月3日日曜日

もっと早くやっておけばよかった

「もっと早くやっておけばよかった…と思うことは何?」人生を変えるかもしれない経験談いろいろより

「何かを始めるのに遅すぎるということはない」という言い回しがありますが、もっと早くやっておいたらよかったと実感することだってあります。

「もっと前からこれをしておけばよかった、と思うことは何ですか?」と海外掲示板に質問投稿があり、多くの経験談が寄せられていました。

●意識的に不満を減らす・やめる努力をすること。気力を消耗させ、機嫌を台無しにすることに気付いた。
今でもたびたび不平は出るが、自分なりに状況を良くする努力をしている。不平を言うことは慢性的に「わぁーーーー」と落ちる、すべりやすい坂のようなものだから。

●自分がどんな風に見えるかを意識して服を着ること。自信の後押しは、見知らぬ人が自分をどんな風に扱うかを変えてくれる。

●全ての優先を健康第一にしたこと。必ず8時間眠る、家で作ったものしか食べない、規則的に運動をする、ストレスを人生から取り除く、仕事前の朝の時間にリラックスをする、午後には休憩を入れる。趣味の犠牲はあったけれど、今までのどの状態より肉体的、精神的、健康的に良くなった。

●食事の改善。

●人に助けを求めるということ。自分が全てを知っているわけではなく、他人が助けになることがわかった。

●人に話しかけること。
長いこと社交的になることに不安があり、成長過程でほとんどの時間を独りで過ごした。そのせいで人並みの社交性は養われず、他人に興味も抱かなかった。
人生が大きく向上し、今では知らない人に道で話すことも平気になった。デートもいくつかして楽しい時間を過ごしている。さらにレジにいる人も人間ということに最近気付いて、親切な言葉をかけるようになった。出会うほとんどの人が何らかの戦いを持っていて、必要と感じるよりも親切にするよう心掛けることにした。

●ハイキング・キャンプ。21歳までしたことがなかった。とにかくすばらしい。

●痩せること。数ヵ月後には飛ぶように軽くなる。唯一の後悔はもっと早く始めなかったことだけ。

●「うーん」とか「んー」というのをやめること。やめようと思わなければ気付かないひどい癖である。何も言わないか、あるいは言う必要があることだけを言うようにすると、自信がにじみ出す。試してみて。

●↑「うーん、やってみるよ」

●女の子を誘うということ。

●↑女性の私も男性を誘ってみたのは人生で一番良かったことだった。社会ルールはどうでもいいと思った。

●離婚。

●髪の毛を短くする。自由……。

●ヨガ。

他人がよかった経験が必ずしも自分にいいとは限りませんが、トライする価値はありそうです。

「善は急げ」や「思い立ったが吉日」という言葉があるように、もしかすると、その行動が人生をドラマチックに変えてくれるかもしれません。

What was your biggest "holy shit why haven't I done this sooner" moment?

引用ココマデ


えっと、僕ってばほとんどクリアしようとしていたりして(笑)。

みなさまもぜひ。