2013年10月31日木曜日

努力は報われるっていうけどさ

努力は報われるっていうけどさより

数打てば当たる論だよな所詮努力って

慰めになるって意味での報われるであって夢がかなったり思い通りに行くわけではない

人と同じ事だけやって努力してるとか笑わせんなって話

小さいうちから現実を教えたら誰も努力しなくなるじゃないか

努力厨は成功しなかったら努力として認めないってスタンスだもんな
そんな屁理屈言えばそりゃ努力は報われるわ

努力厨って100%親に恵まれてるよな
>>手本がすげー近くにいるからな 基本的に

努力をする資格を持ったものが
正しい努力をしたら報われると有名なアスリートがいってた

必要なのは必死の努力ではなく有効な努力だってどっかでみた
>>未来の需要読めないとダメってことだ

引用ココマデ


努力が報われることは少ない。

人によっては、まったく報われない。

ただ、流した汗は決して自分を裏切らない。

違う形で結実するから。


思い通りになることがシアワセなんだと勘違いしていた頃。

あの頃は、生きているのがつらかった。

そんなある日、こんな言葉に出遭った。

『随処(ずいしょ)に主となれば立処(りっしょ)皆真なり』


随処に主となるより

いつどこにあっても、如何なる場合でも何もの

にも束縛されず、主体性をもって真実の自己として行動し、

力の限り生きていくならば、何ごとにおいても、いつ如何

なるところにおいても、真実を把握出来、いかなる外界の

渦に巻き込まれたり、翻弄されるようなことは無い。

そのとき、その場になりきって余念なければ、そのまま

真実の妙境涯であり自在の働きが出来るというものである。


主体性のない言動をとっているからダメなんだ。

主体性を持って生きていれば、自分に何が向いているのかすぐにわかる。

同じように主体性を持っている人と出会えるからね。

それはつまり、どこにでも自分の居場所があるということ。


「主体性」を持つ=いま生かされておる自分に感謝する。

自分自身と同じように自分以外の命も大切にするということ。


いい意味で、自分が中心=真実の自己。

どこに行っても周囲や環境と適合して、うまくやっていける。

自分の属する集団のために何が大切なのかを主体的に考える。

それが僕の思う『正しい方向性』。


正しい方向を向いていれば、グチは言わなくて済むはず。

以下のリンク先参照。

1-2-4 随所に主となるより

「随所に主となる」とは、自主独立の精神を説いたものです。この言葉は『臨済録』という禅宗の教えからきています。「なんじ、すべからく、随所に主となれば、たちどころに皆真なり」がそれです。“独立者はどこに立っても周囲と調和していける”これがその意味するところです。これを主人になるとか、中心になるととると、丸反対に解釈してしまうことになります。
この「随所に主」という考え方は、仏教の根本原理である「諸法非我」(「諸法無我」ともいわれる)の立場と符合するものです。それは“万物は相互関係によって存在している”ことを述べたものです。
さて、その「随所に主となる」ために、ここに次の二点を提唱したいと思います。
「いつも円満である」
「けしてグチをいわない」
相互に確認し合うために対句になっています。言葉は簡単でも実行はそう容易なものではありません。何はともあれ、私たちの毎日は不断の前進でなくてはなりません。
そのためには、前節で列記したマイナス言葉を使わないことです。しかし、それでは日常生活が味気ないものとなりますから、むしろ積極的によい言葉に置きかえる工夫が求められます。必ずしも妥当な表現とはなっていないかも知れませんげど、次にいくつかその例をあげてみました。
人間の言葉と感情の関係は、交互の“はね返り”であることがわかります。

ぶしつけ→開放的
不親切→てきぱき
おしやべり→ほがらか
いいかげん→幅がある
うるさい→にぎやか
ずさん→大らか
出しゃぱり→気がつく
優柔不断→慎重
あつかましい→積極的
欲ばり→意欲的
怒りっぽい→率直
ほら吹き→博学
うすのろ→ひかえめ
うぬぼれ→頼もしい
軽薄→気さく
癖がある→個性的
おっちょこちょい→活動的
神経質→繊細
恥しらず→たくましい
いばってる→貫禄がある

このような言葉が臨機応変に出てくれば、その時がまさしく「随所に主」となった状態といえます。