2013年10月10日木曜日

他人にしがみつき、他人を思い通りに動かそうとする努力をするのは未成熟の兆候。

パールズ先生の、ゲシュタルトの祈り。

I do my thing, you do your thing.

I am not in this world to live up to your expectation.

And you are not in this world to live up to mine.

You are you and I am I.

And if by chance we find each other,

it’s beautiful.

If not, it can’t be helped.

by Pearls, F. L.


私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。

もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。

出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。


僕は、この祈りに何度も救われてきた。

『期待に応えるために≒気に入られるために』と、解釈している。


『他者にしがみつき、他者を思い通りに動かそうとする努力をやめる』

正当化したり、説明したり、裁いたりしない。

ありのままの自分を、素直に表現する。

現実を直視し、きちんと体験する。


自分が確立している人は、『~したい』『~したくない』という言葉を使う。

自分以外のものに縛られている人は、『~するべき』『できない』という言葉を使う。


『私は私』は、自主性の確立の意。

ぼっちスキル全開(孤立)ではない。

必要なことは、素直に他人に依頼する。

積極的に他人を愛する。


他人にしがみつくのではなく、協働する。


鹿児島県南九州市川辺町 清水磨崖仏群 十一面観世音菩薩

他人が思うように動かないと欲求不満状態になりがち。

成熟した人は、いさぎよくあきらめるか、現実的に可能な方策を考える。

未成熟な人は、悲しんだり、怒ったり、ぐちをこぼしたりする。

同情を引こうとして、現実を歪曲する。


未成熟なままでいると、孤独感がハンパない。

成熟する方向で努力したい。