2013年7月3日水曜日

「デブの言い訳」を読んでみた。

デブの言い訳より

辛辣なタイトルで失礼します。

ダイエットに成功しないとき(かつての自分もですが)、いろいろ言い訳をしてしまうと思います。

中にはまだ許せる言い訳もありますが(例えば「今日は雨だから、筋トレだけにしよう」など)
悪い言い訳をして、ダイエットをサボって、痩せないと言うのが最悪のパターンだと思います。

逆に言えば、悪い言い訳を思いついても、
「いや、これじゃダメだ」と意志をつらぬくことが、ダイエット成功の秘訣だと思います。

もちろん効果的なダイエットも必要なんですが、
私はダイエットは手段(運動とか)と意志でできているとおもっているので。

本題

今までにどんな悪い言い訳をしましたか?

自称ダイエット中の私の友人(体脂肪率34%女性)に、私の口から言い訳するなと言っても、
「だって・・・だから」と言ってさらに言い訳をされます。

ちなみに「ジャージが乾いてないから、今日はジム行かない」がまかり通るような性格の女性です。

なので、私の経験だけではなく客観的に、
悪い言い訳集を作って、金輪際言い訳をできないようにさせたいと思っています。

そのうえで、「みんなこういう言い訳を乗り越えてダイエットしたんだから、
おまえも言い訳しないで、努力しろ!」と言ってやるつもりです。

あんな言い訳してたこともあったなぁくらいの気持ちで
回答いただけると嬉しいです。

「そもそもそいつにダイエットは無理」とか、そういうのはナシでお願いします。

※聞くだけでは難なので、私も過去の言い訳を1つ
「花粉が飛んでるから、ランニングしない」


「運動したから、ビールおいしいよね」

「痩せなくても、もてないわけじゃないからいいよね」

「きっとありのままの自分を受け入れてくれる人に出会える気がする」

「あさって多めに運動するから」

「寒がりだから」

「遺伝だから」

「いつか、寝て起きたらやせてないかなぁ」

最後のは言い訳ですらないな


多分言い訳は星の数ほどあります。
足腰が痛い、気分が悪い、体調が悪い、女性の場合ですから生理など、身体の異変が理由の場合。
見逃せない番組がある、宅配便が来るなど、家を空けられない事が理由の場合。
運動するよりカロリーを押さえるなど、転嫁型の場合。

関西人のノリですと、笑いを言い訳にしますでしょうか。
外の美味しい空気を吸っただけでも太る。
ジムにデブ専がいて、言い寄ってくる。
昔の女性は太ってる方が美人の条件だった。

私が質問者さんの友人だったら、言い訳集は電話帳より分厚いかも。(笑)


彼女欲しくてダイエットを始めたのに、

「痩せても見せる相手いないし・・・」

本末転倒ですよね。


デブの言い訳本が出版されたら買・・・図書館で借ります!(笑)

私の過去の言い訳です。

食べ物編

「安かったから」

→買って当然、買ったら食べるのが当然

運動編

「雨が降りそうだったから」

→降っていない

伝家の宝刀編

「両親も親戚もみんな太っているから体質遺伝なんだよね」

→黙らせることが出来ます。注)呆れられているなんてこれっぽっちも思っていません。


こっちも面白い → デブのいいわけより

「だって開封後はお早めにお召し上がりくださいって書いてあるんだもん。」

少ししか食べてないのに太るのは遺伝体質だから仕方ない

朝はたくさん食べないとダメってテレビでやってたし

やってみたけどウォーキングって全然痩せないよねー

ほら、お菓子は別腹って言うじゃん!

子供いるとさぁ残したの捨てるわけにいかないし食べなきゃじゃん?

太りやすい体質なんだよねー
実家のごはんだから自分で調整できないんだよねー
付き合いで食べなきゃいけないんだよねー
あくまでも自分のせいではない

ダイエットに必死になってる人っていつもカリカリしててキライ
私はおおらかでいたいからダイエットは気にしないの。

甘い物とか食べないで我慢したらストレスになるから食べなさいと言われたw

・太りやすい体質だから(やせにくい体質だから)
・水飲んでも太るタイプだから
・空気吸ってても太るタイプだから
・薬の副作用で太ってる人だっているんだから(でも本人は確実に違う)
・子育てしてると体力使うのよ、痩せてちゃ子育てなんてできないわよ
・30すぎたら痩せてると貧相よ

・酒飲むと〆にラーメンを食べたくなるから仕方ないんだもん
・飲んだ次の日は食欲わくんだもん
・仕事(ホステス)だから飲まなきゃいけないんだもん

・フードも注文しなきゃいけないんだもん
・空きっ腹に飲むと胃に悪いから出勤前には夕ご飯食べなきゃいけないんだもん
・好き嫌いが多いから好きな食べ物の中から太らない物を探すの大変なんだもん
・ピル飲んでるから太りやすいんだもん

・ラーメンとパスタがないと死んじゃうんだもん
・体重計持ってないんだもん
・花粉症だからウォーキングできないんだもん

・日焼けしたくないからウォーキングできないんだもん
・寒いからウォーキングできないんだもん
・だってアタシ意志弱いんだもん

「お母さんが買ってくるから」


「181cmで58kgの俺はもうちょっと太りたいのだが無理。
たくさん食べようと思ってもちょっと食べただけですぐお腹がいっぱいになってしまう」

とりあえず揚げ物と菓子パンと糖分とりまくってりゃ太れるよ

引用ココマデ

画像引用元 http://drpinna.com/the-fat-cat-syndrome-3581


ここに書いてあるような言い訳してるようじゃダメだろうね。

だって、挫折した人の言葉なんだもん。

やるべきことは、やるしかない。

生活習慣病なんだから、生活習慣を改善するしか道はないんだし。


まず最初にすべきこと。

『もう二度と言い訳はしません』という決意表明。


さっきの掲示板のコメント蘭にこんなカキコが。

『デブだとバカにされるという事実に気付いた』

『デブは卑屈になるし食費や服代など人よりかかって不経済。

 あとやっぱりバカにされるし、ひきこもり気味になるよな』

『食べることでしか虚しさを埋められないんだよ。
 あんま厳しく言わないでほしいです』

『分かったことが一つある。
 デブってのは病気だって事。

 いや、体の病気じゃなくて
 精神とか頭の方の、、、』

『太っていても黙ってりゃいいのに
 痩せない言い訳やダイエットしない言い訳を
 わざわざ言ってくるからうっとうしい』

それはそうだろうね。

みんな口には出さないけれど、内心はそう思っている気がする。


最低限の運動と食事の管理すらできない。

そう思われるのは、心が痛いんじゃないかと想像してみる。

イロイロ虚しいから食べてゴマカシしている場合は、難しいんだろうな。

むしろ、精神状態をよくするのがいちばんの近道なのかも。


どうしたらよくなるんだろう。