2013年6月27日木曜日

頭皮マッサージのやり方

頭皮だって凝るんです!頭皮マッサージのやり方

■ はじめに

頭皮マッサージをやってみたのは身体の毒素を出すという雑誌の特集を読んだのがきっかけでした。身近にあるものでできるので、時間がある時に頭皮マッサージを自分でやってみませんか?ここでは、やり方を紹介します。

■ 用意するもの

・エキストラバージンオリーブオイル 20ml~適量
・ヘアピン
・ハンドタオル
・バスタオルまたはハンドタオルより大きめのタオルまたはシャワーキャップ
・お好みの入浴剤

■ 頭皮マッサージのやりかた

◎ STEP1:時間を確保!

頭皮マッサージは自分の為にたっぷりと時間を取ります。湯船にお湯をはって、好きな入浴剤を入れて環境を整えましょう。「もっとリラックスしたい!」という方は、音楽やキャンドル、本などを用意するのもいいでしょう。

◎ STEP2:オリーブオイルを頭皮に塗っていきます

小さなボールにオリーブオイルを用意します。頭皮マッサージ用に用意したオリーブオイルであっても、いちいちボトルから手に取るのは面倒です。髪を分け、指にオリーブオイルを取り、指の腹で頭皮全体に塗っていきます。その際にごしごしと強くこすらないようにしましょう。髪はヘアピンなどを使うとよりやりやすくなります。

◎ STEP3:指圧マッサージ

頭皮全体にオリーブオイルを塗ったら、全ての指を使って指圧マッサージをしていきます。この時も指の腹を使うようにしましょう。最初は頭全体を優しく揉みほぐす感じでマッサージします。そうする事で頭の凝っている場所がわかってきます。頭全体がほぐれてきたら、ツボを押しながらさらにマッサージ。特に意識したいのは髪の生え際と首の後ろ、頭頂部。生え際には神庭、曲差、頷厭などという頭痛などに関係するツボ。首の後ろにも、頭痛や肩こりを和らげたり、血行を良くしたりするツボ。頭頂部には百会といって自律神経を整えるツボがあります。ゆっくり指でなぞりながら、痛気持ちいい箇所を押していきます。この時に、ただ押すのではなく、ココロもリラックスするようにするとよりほぐれるように感じます。また一緒に、首の付け根、首筋、鎖骨などのリンパに溜まった老廃物も流すようにマッサージするとより効果的です。

◎ STEP4:毛穴を開いて汗を出す

頭皮マッサージを終えたら、まずハンドタオルで、さらにバスタオルなどで頭をくるみます。くるむ事で温め、毛穴が開き、汗をかき、老廃物を流す効果が高まるそうです。タオルで頭が重くなって肩が凝っては本末転倒なので、二重巻がキツい方はシャワーキャップなどをおススメします。

◎ STEP5:湯船に浸かってゆっくり汗をかく

お湯の温度はお好みですが、じんわりと汗をかくくらいがいいでしょう。ここでの目的は汗をかいて老廃物を出すとともに、身体を温めてほぐすことです。注意する点は半身浴の際、上半身が冷えないよう、肩にタオルをかけるなど工夫して下さいね。お好みの入浴剤、アロマ、キャンドルなどリラックスの演出に凝ってみるもよし!

◎ STEP6:シャンプー

温まって汗をかいたら、シャンプーです。オリーブオイルは肌にも良いという事でお湯で流すだけでも良いという方もいますが、筆者はべたつきが気になります。天然素材のシャンプーで洗い流します。意外に髪の根元は洗っている様で上手く洗えていない事が多いので、焦らず丁寧にシャンプーし、すすいでいきましょう。洗い上がりはさっぱりしつつも、適度に頭皮と髪に潤いのある感じになります。

■ この方法のメリット

・自宅で、身近にある材料でできる
・自分のペースでできる
・お風呂で行うので、頭皮だけでなく、全身リラックスの時間にできる
・オリーブオイルが髪と頭皮の保湿にもなる
・手軽な気分転換になる

■ この方法のデメリット

・プロの技には及ばない所もある
・道具とお風呂場の片付けが多少面倒(床などにもオイルがつくので。すぐ落ちますが。)

■ おわりに

自宅で、自分で行う頭皮マッサージはちょいと手間ですが、メリットも多くあるので試してみて下さい。意外に自分の頭が凝っている事がわかると思います。頭皮をほぐしてココロと身体のデトックス、いかがですか?


(著&写真:nanapiユーザー・ゆめや35 編集:nanapi編集部)

引用ココマデ



汚れには、水に溶ける「水溶性」と水に溶けない「脂溶性・不水溶性」がある。

言うまでもなく、皮脂・垢は脂溶性。

脂汚れは油に溶ける。

皮脂が詰まった毛穴がキレイになるというわけ。


オイルマッサージの効果のひとつ。


個人的には、オリーブオイルより椿油がいいと思う。

なかでもオススメは、桜島の椿油。

「桜島の椿油」 - 桜島ミュージアムHP

世界有数の活火山の麓で育った桜島椿の種からしか搾れない。

純度100%・高品質な椿油、それが『桜島の椿油』。


ちなみに、東京でも買える。

渋谷ヒカリエ8F d47 design travel store


覚えておくといい。

桜島の椿油こそ正義だということを。


オレイン酸は皮膚に吸収されやすい。

肌をやわらかくする。

椿油のオレイン酸含有率は85%。

クレンジング効果・エモリエント効果・トリートメント効果が期待できる。


オイルによるボディトリートメントは、僕の特技のひとつ。

だけど、父親の死後、肉体労働をするようになり手のひらが硬化。

活用する機会がなくなってしまった。

その昔は、セルフトリートメントの指導もしてたんだけどね。


懐かしいな。